脱サラしたい人が情報発信をするべき5つの理由

はじめに

ぼくはこのブログで、主に脱サラをしたい人を対象に、情報発信をすることをおススメしています。

自分の経験でもそうでしたが、「あー、サラリーマン辞めたい」の次にくるのが、「でも次の仕事どうすんだ?」ですよね。

ここで思考が止まって、何年も「辞めたい。だけど、、、」を繰り返している人もいます。

それではさすがに人生もったいないなと思います。

だけどそうは言っても、脱サラするための最初の一歩が思いつかない、という人のために、

情報発信

をおススメしますが、その理由を詳細にご説明いたします。



この記事では、その理由について

理由1: 本当の自分を出せる

会社勤めをしていると、上司や同僚、取引先など、様々な人に気遣いをしなければなりません。

毎日、色々な人の顔色をうかがいながら自分を押し殺して過ごす、そんな日々を続けていると、本当の自分というものが暴れ始めます。

「おれが本当にやりたいことはこんなことじゃねー!
 本当の自分は、もっとイケてるんだ!」

と。

でも、情報発信をやれば、完全に本当の自分を出すことができるようになります。

本当はプロレスが大好きでしゃべりだしたら数時間は話がとまらない、なんて人はプロレスに関する情報発信をすればいいし、ラーメンの食べ歩きが趣味ならば自分のラーメンに対する熱き思いを語りまくればいい。

Twitterなどで、自分の興味のある人をフォローして、メッセージを送ったりして交流することもできる。

そうやって、職場や家庭だけでは出し切れない、本当の自分を惜しみなくさらけ出せるのが、情報発信です。

理由2: めちゃくちゃ視野が広がる

情報発信業界(?)には、実はめちゃくちゃおもしろい人が、めっちゃいっぱいいます。

ただ何となくTwitterやFacebookをやっているというのではなくて、何らかの目的をもって意図的に情報発信をやっている人、情報発信をちゃんと学びながらやっている人、情報発信を本業にしている人など、情報発信業界には色々な人がいますが、総じておもしろい人が多いです。

情報発信を本業にして、サラリーマンのときよりも全然少ない作業量で、サラリーマン時代の収入を超えて、海外をいつも放浪している人、ニューヨークでミュージシャンをしているのになぜか情報発信で人生について語りまくっている人、自宅を開放して情報発信合宿を開いてくれる素敵なお母さん、その合宿で、めちゃくちゃおいしい料理を作ってくれる人、などなど。

情報発信をやりつつ、そんな方々とオンライン、オフラインを通じて絡んでいくと。

めっちゃ視野が広がります。

サラリーマンで、家と職場の往復をしていたころとは、人生の質が大幅に向上します。
やっぱり、色々な人と心から交流できることが、人生の質を上げる方法の一つだと考えています。

理由3: インプットアウトプットの連続で、成長の爆速化

情報発信というアウトプットが習慣になると、アウトプットを前提とした日常の過ごし方をするようになります。

例えば、普段なら見過ごしがちの新聞記事でも、

「あ、今日のネタにしよっ」

と思ってその記事をよく読み、自分の考えを文章化できるレベルまでまとめあげる、なんてことを無意識的にやるようになってきます。

これって、すごくないですか?

情報発信を元にして、日常生活が、学びのインプットと伝達のアウトプットのサイクルになります。

日常生活そのものが、学びや成長に直結して、人生の質が向上するのです。

理由4: サラリーマンをしながら余裕でできる

情報発信は、ほんとに隙間時間でできます。

どれぐらいのレベルでやるかによりますが、たとえばTwitterでつぶやくなんて、数分もあればできます。

そして匿名でやれば、リスクも少ないでしょう。

理由5: そして、収入も得やすい

最後になりますが、情報発信は副業としてもやりやすいですし、サラリーマンを大きく上回る収入を得ることも可能です。

「サラリーマンを辞めたい、だけどどうしていいかわからない」

と言ってる暇があれば、Twitterでフォロワーにとって有益なことをつぶやけば、フォロワーが一人、また一人と増えていくでしょう。

フォロワー、すなわちあなたのファンが増えるほど、脱サラ後の世界が大きく広がることになるのです。

情報発信で山暮らしを手に入れたぼくのストーリー

2019年5月3日

ぼくがwordpressのテーマにstorkを選択した理由

2019年4月27日

※メルマガ登録後、すぐに確認メールを送ります。
届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。

週末ブログから始める脱サラメルマガ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です